信州の美味しいイチゴとトマトを大切に育て、全国に直送しています!

いちご

当園のイチゴ栽培方法と美味しさの秘密

当園のイチゴ栽培方法は高設栽培です。
長年の経験からピートモスやココピート、ロックウールの培地の持つ良い点を組み合せ、イチゴに最良な栽培床で、常にイチゴの株を元気に保つために細心の注意を払っています。
またイチゴの根っこに根活(マイクロナノバブル=超微細な気泡を含んだ水)を与えることで元気な株が維持でき、いつでも美味しいイチゴが成っています。
元気なイチゴを育てることにより、農薬散布を必要最小限に抑え、安心安全なイチゴを育て、多くの皆様にいちご狩りも楽しんで頂いています。

冬春イチゴ(出荷期間:11月下旬~6月下旬)

長野市北部にある標高320mの長沼農場・富竹農場で、9月上中旬に苗を定植し、11月下旬から収穫が始まり、6月末まで収穫します。
長野県の秋の涼しさと厳しい冬の寒さで時間をかけてじっくりと大きく育ちますので、果肉のしっかりした甘くて美味しいイチゴができます。
また、5から6月でも信州はまだまだ涼しいので、ケーキにも十分使えるイチゴがとれます。

夏秋イチゴ(出荷期間:7月上旬~11月中旬)

標高1000mの長野市飯綱高原で、4月下旬に苗を定植し、7月から収穫が始まり、11月中頃に霜がきてイチゴが凍りつくまで収穫します。
飯綱高原は真夏でも昼夜の温度差が大きく、最高気温がめったに30℃を越えることがないので、夏秋どりの品種の栽培には最適です。
特に10~11月は気温が下がるため、糖度も高く絶品な味になります。

お買い求めはこちらから

長野ベリーファームの商品はYahoo!ストアの「e特産ネット」内にてお買い求めいただけます。
安心・簡単・お得なYahoo!ストアでどうぞ!

お気軽にお問い合わせください TEL 026-296-8879 受付時間 9:00 - 18:00[ 日・祝日除く ]

最近の投稿

代表者あいさつ

「農業がしたい」そんな永年の夢を実現!
平成21年3月に脱サラして当農園を開設しました。
美味しくて安全で安心な野菜を作りたい。
真っ赤なイチゴとトマトを食べて、美味しいと言って貰えるのが最大の喜びです。
現在、将来は農業を志す20から40代の若者も合わせて10名で、日々悪戦苦闘しながら、楽しく夢のある農業経営に挑戦中です。
長野ベリーファーム株式会社
代表取締役社長 岡田敬司
住所:長野市穂保846-1
Tel:026-296-8879
E-Mail: info@naganoberryfarm.com

アーカイブ

PAGETOP
Copyright © 長野ベリーファーム All Rights Reserved.