「長野ベリーファーム」のトマト栽培方法と美味しさの秘密

トマト本来のもっている力を最大限活用して、太陽の光の強さに応じてできるだけ潅水量を抑え、生育ステージに応じて無駄のない必要なだけの肥料を与えています。

1年1作の長期栽培を行っています。

3段目の収穫が始まる11月頃より更に糖度が上がっていき、信州の冬の厳しい寒さの中、時間をかけて大きくなりますので、12月から6月は糖度が8度以上になりもっとも美味しい時期になります。

華小町〈はなこまち〉につきまして

鮮やかな紅色が食欲をそそります。
大きさは、いわゆる「中玉トマト」です。
果実の大きさは、平均で30gから40gくらいのピンポン玉ほどの大きさになります。

甘みが強く、皮が薄く、みずみずしい美味しさです。

調理例

お買い求めはこちらから

現在販売を休止しております、しばらくお待ちください。