MENU

クラウドファンディングにご賛同をお願いします

2019年12月5日より、「キャンプファイヤー」内でクラウドファンディングを開始しております。

ぜひご覧いただき、少額でも結構ですのでご賛同いただきますようお願いします。
また、SNS等で広く拡散していただきご周知いただければ幸いです。

詳しくはこちらをご覧ください。

最近の投稿

【動画】長野ベリーファーム【2019年12月9日の様子】-被災事務所屋根の解体

令和元年台風19号 被災からまもなく2カ月が経とうとしています。 それでも、穂保地区はまだまだ瓦礫や泥が、至る所に点在している状態で、町中が泥の土煙で覆われていて、まるで西部劇の世界のようです。 農地に至っては、まだまだ […]

台風19号による被害について

2019年10月に発生しました台風19号で、私たち長野ベリーファームの一部ハウスと事務所も被災いたしました。
現在復旧に向け全社員一丸となって取り組んでおりますが、元の状態になるまではまだ時間がかかりそうです。

しかし、被災したのは一部ですので、加工食品やトマトなどは、現在も出荷可能な状態です。
※主にイチゴハウスが被災しました。

ただ、ヤマト運輸様の配送センターが、当社近くにあったので、こちらも被災していて発送が今まで通りスピーディーに行えません。
お客様にはご迷惑をおかけしてしまいますがご了承ください。

また随時状況をご報告させていただきますので、今後とも長野ベリーファームをよろしくお願い申し上げます。

千曲川がゆったりと流れる善光寺平の北部、北信五岳の山々に囲まれたのどかなりんご地帯に長野ベリーファーム株式会社はあります。

自然豊かな信州の美味しい空気と水で、美味しいイチゴとトマトを育てています。
イチゴは長野市の標高差を生かして冬は長野市北部の長沼農場と富竹農場で、夏は標高1000mの飯綱高原にある飯綱農場で、一年中栽培していますので、新鮮で美味しいイチゴをいつでもお届けすることができます。
こだわりのトマトは日本デルモンテ社の”ぜいたくトマト”を、もっと美味しくしたジューシーで甘酸っぱいトマトです。
12月から6月は糖度8度以上のジューシーなフルーツトマトになります。
赤や黄、茶、橙、緑、ピンクのカラフルなミニトマトは、見てるだけでも楽しくなりますが、旨味も十分あります。長野県農業試験場が育成したブドウのような房どりのミニトマト(房美人)も栽培しています。
これらのイチゴやトマトを使用した加工品も自社生産または委託製造し販売しています。

最近の投稿